【新築注文住宅】西脇市 インナ-テラスのある平屋。【長期優良住宅・省令準耐火構造】

お家づくり速報です。『建築士と造るお家。』の注文住宅、西脇市インナ-テラスのある平屋。での基礎工事を実況いたしたいと思います。
コチラのお家は認定長期優良住宅(耐震等級3・断熱等級4)省令準耐火構造を基本設計とした注文住宅となっております。
当店にご依頼頂いた注文住宅はすべてのお家に認定長期優良住宅と省令準耐火構造は標準としております。
税制優遇・住宅ローン減税・火災保険などがお安くなり家計に優しいお家を注文住宅にて新築する事ができます。

西脇市インナ-テラスのある平屋。の全景です。許容応力度計算という『構造計算』を基にお家の基礎を設計しております。注文住宅ならでは造る工程も設計する工程もフルオ-ダ-出来ます。

当店の『建築士と造るお家。』の注文住宅では基礎・柱・梁の構造部材は許容応力度計算という『構造計算』を実施の上、設計する事で安心なお家を設計する根拠となります。設計事務所なので構造計算は別途オプション費用がかかる事も無く標準で注文住宅なら採用しております。

西脇市インナ-テラスのある平屋。の配筋全景、反対方向から。約46坪の平屋建て注文住宅になります。一般的なお家の2.5倍ほどの大きさとなっております。

基礎底版(スラブ)D13@150・・・構造計算上ではD10@200でOKでしたがD10だと鉄筋が細いので施工の際に鉄筋がコンクリートの真ん中に入らない事があり施工不良となります。そのような事を防ぐ為に施工上の事を考慮して当店の注文住宅は設計しております。

西脇市インナ-テラスのある平屋。基礎人通口(床下点検時に人が潜るための開口)の補強状況です。人通口の補強鉄筋は柱の間隔(1.8m間隔や3.6m間隔)で柱1本に架かる『荷重』が違います。間隔が広いほど柱1本が負担が大きくなります。その様な事から人通口の切りかく部分への応力の負担度合いから人通口の鉄筋の本数は算定いたします。

西脇市インナ-テラスのある平屋。基礎業者の自主点検①→自社建築士による点検②→JIO瑕疵保険の建築士の検査③と3度の点検・是正を経てから基礎コンクリート打設となり『鉄筋コンクリート』の基礎となります。

鉄筋は多くてもコンクリートが混ざり合わないような間隔で施工されてしまうと施工不良となってしまいます。その様な事が無い様に入念に点検・検査をします。

地元に多くの良いお家を造る為に設計事務所と造る『建築士と造るお家。』はあります。

ハウスメ-カ-では無く設計事務所や工務店でお家の新築・建替え・リフォ-ム・耐震改修をお考えの方は『建築士と造るお家。』のスタジオエイト建築事務所まで。

施工エリア:多可町・西脇市・加西市・加東市・小野市・三木市・丹波市・丹波篠山市・その他兵庫県はお問い合わせください。