【お家づくり速報】小野市 レイクビュ-なお家。【新築注文住宅】

先日、上棟した『建築士と造るお家。』の新築 注文住宅『小野市レイクビュ-なお家。』を工事速報。
現在は骨組みの組立が完了し、耐震等級3の金物チェックを自社→瑕疵保険の検査を受け外壁の防水シ-トを施工前となっております。

まず新築注文住宅ならではの基礎工事です。新築・建替えでも木造住宅は構造計算をする必要は無いのですが、『建築士と造るお家。』の注文住宅では許容応力度計算という構造計算を根拠に基礎を設計します。その後、施工性を考慮しながら鉄筋量や基礎形状を設計しております。どんなに設計で数字を確保しても施工が出来ない設計をしてはいけません。施工の観点からの目線で設計が出来る注文住宅は建築士と造るお家。スタジオエイト建築事務所です。

耐震等級3でお家を新築しております。基礎が完成した状況となっております。新の注文住宅だから耐震性能までフルオ-ダ-が可能です。『小野市レイクビュ-なお家。』

柱と基礎を繋ぐ『土台』を設置。当店では白ありに強く、耐水性が高いことから耐久性も優れる『ひのき』を採用しております。強度の確保された機械等級のある製材木材を新築の注文住宅には使用しております。『小野市レイクビュ-なお家。』

床下の断熱材となっております。当店では柱を支える『土台』の耐久性を高める事が出来る、床下通気を採用しております。

機械換気の必要が無いので永久的に床下が乾燥するので万が一の『床下浸水』でもご安心してもらえるようにお家づくりを考えております。

断熱性だけを考えると基礎断熱は有効なのですが、四季のある日本では床下の湿気対策や災害の事を考えてお家を新築する事も大事です。

断熱等級4の断熱部材より3倍厚いものを床断熱としているので室内の冷暖房が床下へ逃げるのを抑制しております。『小野市レイクビュ-なお家。』

いよいよ上棟です。(建て方とも言います)新築の注文住宅の醍醐味ですね。これからお家を注文住宅で新築・建替えをされる方は上棟の日だけは仕事を休んで建てられる姿を見届けてあげて下さい。一生、雨風、地震からあなたや家族を見守ってくれる大事なお家が形になる瞬間です。『小野市レイクビュ-なお家。』より

あまり知られていないですが、当店の新築注文住宅では耐震ナットを使用する事で柱や梁の接合部分は強固に緊結しております。

屋根の釘の本数は大事な耐震要素です。建て方(上棟)の日に屋根は防水シ-トを掛けてしまうので、建て方の日に確認検査を行います。職人さんがしっかりと釘を施工されていますが、人の手で造っている以上ミスもあるので、そのミスを未然に防ぐ為にはこの屋根の釘打ちの工程は必ず立ち合いした後に防水シ-トを施工します。屋根の合板の厚みもしっかり確認しております。

建て方から1週間ほどすれば当店建築士による自主検査→瑕疵保険の構造金物検査となっております。外壁の合板も大事な耐震要素なので釘種類や本数も確認しております。建築士と造るお家。の新築注文住宅ではこれらの工程は設計した有資格者が必ず点検・検査をしております。設計性能を確実にお家に実現する確実な方法でお家を新築したり建替えする事が出来ます。『小野市レイクビュ-なお家。』より

ハウスメ-カ-では無く設計事務所や工務店でお家の新築・建替え・リフォ-ム・耐震改修をお考えの方は加東市の設計事務所『スタジオエイト建築事務所』に一度お声かけくださいね。

施工エリア:多可町・西脇市・加西市・加東市・小野市・三木市・丹波市・丹波篠山市・その他兵庫県はお問い合わせ下さい。

注文住宅・平屋・2世帯住宅・店舗併用住宅も得意としております。