耐震改修の続報【耐震補強】【リフォ-ム】

先日から多可郡多可町での耐震改修リフォ-ムの現場の速報です。
耐震改修とは
今ある建物を調査し、望まれる耐震等級への検討し耐震設計を行い、設計をもとに耐震補強工事を行いリフォ-ムする事です。
工事に取り掛かるまでに 検討⇔設計の交互を何度も繰り返します。
工事着工後も想定内であれば設計図通りに進みますが
実際は想定外の事が多いです。
その場合も即座に変更設計をする事が求められます。
毎日現場に足を運ぶ事で確認し想定外の場合には変更を検討します。
当店では耐震補強設計は自社で行っております。その事もあり変更設計は迅速に対応します。

現在は外壁部分の耐震パネル補強工事に入ってます。

お家に住みながら工事をしているのでご理解とご協力があるので順調に工事が進んで行っております。

床下の湿気対策としてシリカゲルを施工していきます。

昔のお家は今みたいに床下の換気量が適切では無いので床材や構造材の劣化が進んでしまいがちです。

湿気対策をして、お家の床下を乾燥するように施工していきます。

新築でお家を建てられる場合も床下の通気・換気がかなり大事な事を古い建物から勉強させていただきます。