家づくりへの想い

想いを
「カタチ」にします

スタジオエイトは、お客様の想いを「カタチ」にすることを最優先に考え、家づくりに取り組んでいます。
お客様にとって不要なものを押し付けたりせず、希望に添ったものや、
プロの目から見て良いものだけをご提案し、お客様にこれだ!と
ご満足いただける「お家」に仕上げていきます。

『建築士と造るお家。』
おなじ造るなら他には無い、かわいい、かっこいいお家に住んで欲しい。
もちろん地震に強く、あたたく、家計に優しいお家に。

設計へのこだわり
設計へのこだわり

「あなたとご家族」の
ためのプラン作成

建築的手法にて、お家を提案。
世界にひとつの「あなたとご家族」だけのためにプランをお作りします。
大切なお家づくりを満足いくまでご希望・想いを伺い、ご家族に寄り添いプランを作成します。
造ることが仕事ですので、売りたいがための雑なプランはしません。
安心してお任せください。

あなたの夢を図面に描きます

「ご家族×建築士= 設計力」

お客様の思い描いたマイホームを図面にし、プロとしての助言、色付けをしながら理想のお家に。

いざという時に頼れる強い"木の家"

地震大国と呼ばれる日本では、地震に強い家づくりが必要です。
スタジオエイトでは、ご希望がない限り「耐震等級3」「断熱等級4 」の光熱費に優しく、地震に強い「長期優良住宅」にて設計を行います。
加えて「偏心率」も設計段階で検討しています。偏心率が優良の場合、建物重量と耐震壁のバランスが良く地震の際も"ねじれにくいお家"になります。
『耐震等級3 + ねじれにくいお家』で、地震から家族とお家を守ります。

耐震等級3とは?

震度6強~7の地震でも、軽い補修程度で住み続けられるレベル。
消防署や警察署といった災害復興の拠点となる防災施設の耐震と同等。

偏心率とは?

地震では、建物の「重心」に最も力がかかり、建物には最も剛性が強い「剛心」があり、地震により剛心の周りを回転したり、ねじれを生じさせます。
この「重心」と「剛心」のずれの程度を「偏心率」といいます。

さらに、使用する木材は12cm角の湿気や害虫に強い「国産ヒノキ」を使用。工法は、在来工法と2×4工法のいいとこ取りの"ハイブリッド工法"で「頼れる強い木の家」を実現します。

設計へのこだわり
施工工事へのこだわり
施工工事へのこだわり

本物の「施工力」

スタジオエイトの家づくりに欠かせないもの、それは「お客様が思い描く本当に住みたい家」、「建築士が見せる本当の知識と指揮能力」、そして「職人が発揮する本物の技能」、この三本柱です。
設計から完成、入居後も心から満足いただける「本物の家づくり」のために、全力で施工マネージメントを行います。

安心の「高い施工力」

「職人×建築士= 施工力」

スタジオエイトの建築士は、施工現場を経験してきた建築士です。
そのため、現場を隅から隅まで把握していることが強みです。
目が行き届いているからこそ、下請けまかせや、職人まかせのような雑な工事の進め方はしません。安心しておまかせいただけます。

「経験と知識」で工事監理

お客様の代理として、現場を監視する役割を担う「工事監理」を行います。
工事監理は、設計図通りに工事が進んでいるかを確認し、違っている場合は施工業者に是正の指導をします。
また、確認申請のため現場検査立ち会いも「工事監理」の業務となり、建築士が最後まで責任を持って監理を行います。

スムーズな家づくりのための
施工マネジメント

施工全般を監理し、マイホームの完成をお手伝いします。
現場巡回や施工業者間の工程調整、予算の作成から工事費用支払い予定表作成など。「施工マネジメント」は円滑な施工のための補助業務となります。現場経験者が行うため、安心感が違います。

施工工事へのこだわり
費用へのこだわり
費用へのこだわり

「価格」のわかる
住まいづくり

理想の家づくりも、ご予算との調整が不可欠です。
スタジオエイトの見積りは、専門工事費、設計費、諸経費、そして当社のマネジメント費を一つにわかりやすくご提示しています。
そのうえでご予算と見比べながら、じっくりとお考えください。
お客様が納得なさるまで、とことんお付き合いさせていだきます。

建築費用をおさえられる理由。

秘訣は、中間マージン"ゼロ"

住まいづくりに参加している各職人さんが、どこの会社から来て、どのような仕事を担当し、どれだけの経費が掛かっているのかをはっきりと提示します。
無駄な中間マージンは無し!不透明な資金流用も、もちろんありません。だから費用をおさえられるのです。

中間マージンなし

費用へのこだわり